【ぷるっぽんと共に25】‘じゆーになった!’

チャレンジ

みんなが自分のカラダを好きになれば、この社会はもっとあったかくなる!ボディーワーカーの永田美香です。

 

リブログで綴る、私のぷるっぽん(乳がん)との1年。
【ぷるっぽんと共に】。

1年前の今日、私がどんな記録を残したのか、、、を振り返っています。

 

若干2歳で第二の患者に。

若干2歳で、乳がんの第二の患者になったのはこの子です。

 

私も旦那様も、この病気との闘病中に起こることは、包み隠すことなく娘の前で話をします。

私の治療方針を決める時も、娘も同席してもらいました(当時1歳7ヶ月)

 

本当に強い子です。

 

このころはまだ、(夜だけとはいえ)おっぱいを飲んでいたので、この子が私のお腹に宿ってからそんなに長いこと離れたことがなった娘と私。

 

それが、この入院で1週間も会えませんでした。

 

娘、ありがとう。

旦那様、ありがとう。

私、頑張った。

 

ドレインが抜けて自由になりました!

そしてこの日、術後1週間で脇腹から出ていた、排泄物を体外に出すための管、ドレインが抜けました。

 

『じゆーになった!』

 

すっかり自由になって、晴れ晴れしたのもつかの間、、、実は、、、ここからが「腕が上がらない」大問題と格闘のスタートでした。

 

リハビリは、スタートが肝心。。。

もう一度言います、リハビリはスタートが肝心です!!!

 

あ、私は術後3週間時点で、腕が90度以上上がらないスロースターターでしたので、もちろん、スタートがうまくいかなくても、上がるようになります。

カラダは絶対に諦めないので。

 

だけどもし、リハビリスタートダッシュ聞かせたい方は、頑張ることなく、ちょいちょいできるリハビリ(術前からね!)、あります。

 

こちらのページご参考に!

『乳がんの手術前・手術後のセルフエクササイズ動画』

 

次の記事は、こちら!

【ぷるっぽんと共に26】‘退院。’

 

永田美香の『乳がん体験者限定!ヨガレッスン』は毎月第3土曜日14時です!

 

剣士のためのセルフケアクリニック<東京><京都>で開催中!