ピンクリボン月間2021 特別2大企画

お知らせ

仕事も、育児も、私生活も、全部まるっと大切に、

自分の人生だから、『主体性を持って生きる』という選択をする。

 

私らしいライフワークハーモニーを奏でる生き方を目指すボディーワーカーの永田美香です。

ピンクリボン月間って知っていますか?

10月は、世界中でピンクのリボンが踊ります🎀

こういうマーク、見たことがあるかも!

これは、乳がんの早期発見・早期治療開始を目的とし、乳がん検診の啓蒙のシンボルです。

10月は、その啓蒙活動が世界規模で盛り上がりを見せる1ヶ月です!

私は乳がんサバイバーです

さて、私のことを今回初めて知った!という方もいらっしゃるかもしれません。

初めまして、永田美香です💕

私は、この10月で乳がんの術後4年になる、乳がんサバイバーです。

詳しいことは、こちらのページをどうぞ!

乳がん患者の方へ:永田美香のススメ

39歳で乳がんがわかった時、

娘は1歳で、卒乳直近でした。

わかった当時、ステージⅡ、リンパ節転移あり。

がんのタイプは、予後がとても悪いもので、リンパ節転移もほぼ明らかだったため、治療開始に一刻の猶予もなかった、、、という状態でした。

でも今、私は元気にしています!

今までは、私はこの活動に参加する側でした。
 
様々な講座やサロンなどが全国各地で開催されていて、私は私の通う病院で開催されるイベントなどに参加していました。
  
 
今年も、いろんな講座に申し込んでいますが、、、そんな中気づいたことが☝️
 
運動関係の話って意外と少ない。
  
 
ならば私が何かできるかも知れない!
  
 
ということで、今までも考え続けていた「乳がんと運動を掛け合わせた活動」を、本腰入れてやって行こうと動き始めます。  
 
 
という活動にあたって、まずはこれまで以上に、私の経験をしっかりと声にして発していくことから始めます。
  
 
そしてそれと同時に、
私の闘病に欠かせない旦那様の声も発していきたいと考えています。
 
 
こんな思いで、今年のピンクリボン月間に、2つの対談を企画しました🎀
  
 

参加無料!2つの講座の詳細はこちら!

今月に私と私の旦那様の経験を言葉にする対談を2つ企画しています。
 
それぞれ、とても心強い方のサポートを経て、開催します。
 

1つ目は《女性のからだの守り方》

 
 
私、永田美香が、助産師の青野有紀子さんと対談させていただきます。
 
 
私たちの共通点は、乳がんサバイバーであるという点。
そして、からだの専門家であるというところ。
 
アプローチの仕方や、視点の違いはあるけれど、
私たちはどちらも、人が健やかに生きる、快適なカラダで生きていくことをサポートしている。
 
女性って、すっごく大きな波の中で生きている感じでしょ?
 
小さい目で見ると、基礎体温なんて毎日どんどん変化する。
 
大きな目で見ると、初潮から、妊娠出産、更年期とその波は大きい。
 
 
ホルモンを前にしたら、全く太刀打ちできない私たちけども、
それでも毎日ちょっと自分を大事にできたらいいね💕というのが、私たち共通の思いです。
 
そんなお話し、聞いてくださいね。
 
 
有紀子さんが、乳がんのセルフチェック方法も、教えてくれます。
 
「セルフチェックしましょう♪」っていうけど、どうやって?いつ??そんな疑問は、私にだってある。
 
 
今回、しっかり教えてもらいましょ!
 

2つ目は《「第二の患者」という言葉、ご存知ですか?》

 
突然ですが、
『第二の患者』という言葉、ご存知ですか?
 
 
がん患者の家族は、
看病の不安やストレスを抱えるも、自分は元気でかつ、自分の世界は今までと変わらずに動いているためにその負担は患者と同じかそれ以上となるため、患者同様にケアされるべき存在として「第二の患者」とも呼ばれているそうです。
 
私が乳がんになったことで、私の最愛のパートナーである旦那様は、第二の患者になりました。
 
 
彼はいいます。
 
「妻の闘病中、まだ1歳と少しの娘を抱えながら「自分がしっかりしなければ…」と看病、子育て、仕事、そして親の看病もあり、フル稼働でしたが弱音を吐いてはいけない、と自分を追い詰めて行ったところがあり、苦しい時間もすごしました。
 
その時にこの言葉に出逢うことで「自分も悩んでいい、助けを求めて良いのだ」と救われた所があります。」
 
  
この講座では、私の高校の同級生であり、今はラジオのパーソナリティとして、声で元気を届けるたまちゃんに「聴き手」として登場いただき、森部とお話をしてもらいます。
 
 
自分の大切な人が「がん」になったとき、一体何が起こるのか?
 
 
サポートする側に回る彼の経験談を通して、
「第二の患者」さんの存在を知り、周りにいる人たちはどんなサポートができるのか?を考える機会になればいいなと思います。
 

お申込みはこちらから

どちらの対談も、Facebook Liveにて、無料配信します。

※Facebookアカウントが必要です!

お申込みは、3steps!!
このページ ←クリック!を開く(もしくはこちらのQRコードを読み取る!)
 
 
②メルアドとお名前記入
 
③Facebookのグループページに入る
 
 
あなたのことを
グループページでお待ちしています!!
 
 

あなたの大切な人にも、この想い、届けてください❤️

この講座のチラシ(PDF)をご入用の方は、こちら ←クリック!からリクエストください♪