【永田美香ができるまで③】ラスベガスでATCに。

永田美香とは

ゆたかな心の宿るカラダを作る場の創造が大得意な、ボディーワーカーの永田美香です。

 

みんなが自分のカラダを好きになれば、この社会はもっとあったかくなる!その思いを胸に、レッスンや、セミナーを全国各地で開催し、エクササイズ動画の配信などをしています。

 

人生の節目でもある今、私という人間の足跡を振り返っています。

 

前の記事はこちら、、、

【永田美香ができるまで②】ATCになりたい!

 

ラスベガスへ留学

ということで(前編からの続き)、熊本の高校を卒業後、東京で1年を過ごし、海を渡ってたどり着いたのは、砂漠のど真ん中、ラスベガス!

 

ネバダ州立大学ラスベガス校

ここで、私の修行が始まりました。
大きな’愛’と’信頼’を注ぎ育ててくれた両親。
付かず離れず、でも常に’必要な所に居てくれる’弟2人。
そんな家族と離れて、飛び出した地は、
厳しくも、大きく受け入れてくれたアメリカ。

 

アスレチックトレーナーになるべく入ったプログラムは、私達のころは、1年に10人しか入る事の出来ないプログラム。

なかなか狭き門でした。
留学してから、高校までの勉強不足を改心するかのように、ライブラリーに入り浸り勉強してました。
おかげで、筆記はクリア。
が、問題は面接。。。
つたない英語で、やる気と決意は、必死に伝えました!

そして、合格!

 

でもそこは国家資格を取るカリキュラム。

将来、人の命人の人生に寄り添う人間を育てる場所。

毎日毎日、Libraryで、閉館時間まで粘る日々。

 

テスト前になると閉館時間を過ぎても、セキュリティーのおっちゃんに無理を言って居座りました。

 

スポーツ医学のクラスが開講されるビルディングの写真は、今見ても、涙が出ます、、、

 

教授達のオフィスに通っては、「分からない。。。」って泣き言を吐き、

先生たちはその度に、忙しい時間いっぱい使って支えてもらいました。

 

頑張ったね私。

支えてくれてありがとう、みなさん。

 

私が頑張れた訳

私、2002年、毎年Seniorから選ばれるスカラーシップを獲得しました!

 

とにかく大変な大変な留学5年間でしたが、とても充実して幸せな5年間でもありました。

 

私にとってこの大学を選んだことは、これまでも、今も、そしてこれからも変わらず、人生の中のグッチョイスリスト!の上位に入ります。

 

教授陣も、スタッフも、同期の仲間も日本人の先輩方も後輩たちも、とにかくみんな素敵なのです。

 

佐々木健次兄ちゃん(左から2番目←言わんでも分かるか!?)!!

 

2学年上の、私のBig Brother。

要は、私の教育担当(-^□^-);

 

今でも、困ったことがあると頼ってしまう、とっても大きな存在です。

あ、そうそう、健次さんは岩手は紫波町でConditioning Center HOUSEをオープン!

誰でもが、世界レベルのコンディショニングを受けられる施設です!

 

 

この施設で、7月8日に私がヨガのレッスンを開催させてもらいますよー!

申込みスタートしておりますので、こちらをどうぞ!

 

 

そして、一つ上のやすさんと、ふみさん

今も変わらず、お世話になりっ放しの偉大な先輩達。

アメリカと言う土地で、
言葉の壁、
文化の壁に負けず

貴重な賞を日本人学生がもらい続けている歴史。

 

今現在も、日本人の後輩たちが、このカリキュラムで大活躍してくれています。

とても誇らしいことです。

とても良い大学を卒業させて頂きました。

 

ここでの経験が私の自信になっている

Footballのプラクティスフィールド。

真夏のひからびそうな空の下、

仲間達と、朝5時過ぎから、夜11時頃まで頑張ってました。

 

めちゃくちゃ大変でした。

でも、あの大変な5年間が今の私の自信になっています。

 

寝なくても、

食べなくても、

やりたいことが明確だったら、生きていけます。

 

「質より量!」それをこの5年間ではやりました、よく動きました。

 

トレーナーを目指して27年。

私は今、この地で学んだ知識を基礎に、ボディーワーカーとして人のカラダに寄り添っています。

 

人の人生に寄り添う仕事。
人の命に関わる事もある仕事。

 

簡単になれるモノであってはならないし、いつ、いくつになっても満足なんてできません。

も、このアメリカで時間があるから、今、私は毎日笑って仕事ができています。

 

次の記事はこちら、、、

【永田美香ができるまで④】社会人1年生は劇団四季