【ぷるっぽんと共に12】‘マンモグラフィー’

乳がん

みんなが自分のカラダを好きになれば、この社会はもっとあったかくなる!ボディーワーカーの永田美香です。

 

リブログで綴る、私のぷるっぽんとの1年。
【ぷるっぽんと共に】。

1年前の今日、私がどんな記録を残したのか、、、を振り返っています。

 

去年の3月10日、

結果的に乳がんだった’胸のしこり’の検査のために、人生初のマンモグラフィーを受けました。

 

その感想を残しています。

 

要約すると、

①私のマンモ初体験は、とても楽しい体験だった

マンモの苦痛は日頃のセルフケアで軽減できる

③マンモの精度を上げるために、私ができることもきっとある

 

『マンモグラフィー』

 

このエントリーでも書いていますが、、、

事前のたくさんの「恐ろしい感想」のせいで検診をためらうのも、人間ですから当たり前です。

ネットを開けば、マンモの是非も問われています。

 

だけど、受けるのも、受けないのも、自分で決心をしてくださいね。

 

人がこう言っていたから、受けない。

こんな情報があるから、受けない。

 

そうして立ち止まることは必要なことだと思います。

自分の大切なカラダのこと、疑問を持てる力は財産です。

 

だけど、、、その情報に、自分は心底納得しているのか?考えてください。

そして、「マンモは受けない」のであれば、何か別の方法を探してください。

 

あなたのカラダを、命を守れるのは、あなたしかいませんから。